マイルをためるなら他のポイントとの交換性の高いANAマイルがおすすめ

トップページ

マイル父さんの獲得方法を紹介

毎月これくらい貯めています

マイル父さんのマイルを貯めるコツ

カード・電子マネーのラインナップ

JALでなくANAマイルを貯める理由

マイルを貯めるようになった理由

おすすめクレジットメニュー

マイル還元率1%以上のカード

Suicaをよく利用するなら

東京メトロを毎日利用するなら

飛行機によく乗るなら

ANAカード比較(金額比較)

ANAカード比較(電子マネー比較)

マイルが貯まるクレジットカード比較

シーン別メニュー

Edyを利用するとき

モバイルSuicaを利用するとき

スターバックスでコーヒーを買うとき

百貨店で買物をするとき

ファミリーマートで買物するとき

セブンイレブンで買物するとき

ローソンで買物するとき

サークルKサンクスで買物するとき

東京メトロに乗るとき

すかいらーくで食事するとき

ガソリンスタンドで給油するとき

楽天でショッピングするとき

マツキヨでショッピングするとき

検証・裏技メニュー

税金の支払いで貯める方法

マイルでホテル代も無料にする方法

ANAカードマイルプラスとは

ANAワイドゴールドカードはコスパ最高

モバイルSuicaへのチャージでマイル

Edyへのチャージでマイル

nanacoへのチャージでマイル

iPhoneでEdyを利用する方法

沖縄メニュー

マイルで沖縄に行く方法

マイル父さん プロフィール

年収400万円の普通のサラリーマン。陸マイラー歴10年。1年1度コツコツ貯めたマイルで家族を旅行に連れて行き、父の威厳を保っている!?

沖縄美ら海水族館の楽しみ方を徹底ガイド

沖縄カヤックで海やマングローブを楽しむ

赤ちゃん・子連れに嬉しい沖縄ホテル

9つの観光施設を楽しめる格安チケット「OKINAWA丸ごとポン」

今年の夏は沖縄へいこう

 

●スターバックスでコーヒーを買うたびにANAマイルを貯める方法

街中のいたるところにあるスターバックス。私たちの生活の定番になってきているといえますよね。

このスターバックスですが、店舗によってはSuicaやPASMO等の交通系電子マネーやクレジットで支払うことができますが、基本的には現金で支払っている人が多いと思います。

しかし、スターバックスで現金払いすることほど損していることはありません。

スターバックスでは全店で利用できるプリペイド型のスターバックスカードというものがあり、これを利用してコーヒー代やコーヒー豆、タンブラーなどを購入することにより、ANAマイルがドンドン貯まっていきます。

では、具体的にスターバックスカードを利用して、ANAマイルを貯める方法を紹介します。

ステップは3つです。

ステップ1

スターバックスカードを発行する

スターバックスカードは、全国のスターバックス店舗で発行することができます。

地域限定のカードなど、いろんなデザインがありますので、楽しんでみてください。

スターバックス 公式サイト

ステップ2

ANAカードをつくる

ANAカードは現在約15種類のカードがあります。

どのANAカードでも問題ありませんが、マイル父さんがオススメするANAカードを下で紹介しています。

ステップ3

スターバックスのウェブ上でANAカードからチャージする

スターバックスカードは、店舗のレジで現金チャージすることができますが、これではマイルが貯まりません。

スターバックスのウェブ上で事前にスターバックスカード番号を登録することで、オンラインでチャージすることができます。

そのチャージの際に、ANAカードを選択することで、チャージごとにマイルが貯まっていきます。

では、この方法でどれぐらいのANAマイルが貯まるのかということですが、

クレジットカード会社のポイントとは別に、スターバックスWEBサイトにて、スターバックスカードへANAカードでのクレジット決済による入金100円ごとに1マイルが貯まります。

さらに

「クレジットカード会社のポイントとは別に」とあるように、クレジット決済でチャージしますから、クレジットカードのポイントも加えて付与されます。

ANAカードは、通常10マイル移行コースというものがありますので、スターバックスカードへANAカードでチャージ100円ごとに1マイルが貯まります。

まとめると

スターバックスWEBサイトでのチャージで100円ごとに1マイル、クレジットカードのポイント分で最大100円ごとに1マイルで、合計100円ごとに2マイルを獲得することができます。

店舗での支払いの際にはマイルを獲得することができないのですが、チャージのときにマイルが貯まるので、店舗でコーヒーを注文するたびにマイルが貯まるのと同じですね。

★マイル父さんがオススメするコストパフォーマンス最高のANAカードはこちら

ANA To Me CARD PASMO JCBカード

東京メトロをよく利用する人には絶対おすすめなのがこのANA To Me CARD PASMO、通称ソラチカカードです。

オートチャージ機能が搭載されたPASMOでチャージ時にマイルが貯まるだけでなく、ANAマイルへ交換できるメトロポイントが乗車ごとに貯まります。

入会・継続時にそれぞれ1,000マイルが、ANAグループ便搭乗には区間基本マイレージの+10%がボーナスマイルとして付与されます。

JCBブランドが推奨する後払い式電子マネーのQUICKPAYのカード発行が可能で、PASMOとQUICKPAYのふたつの電子マネーを利用することができます。

ANA To Me CARD PASMO JCBカードの詳細はこちら

ANA To Me CARD PASMO JCBカード

ANA VISA Suicaカード

オートチャージ可能なSuica機能が付いていて、通勤など電車利用でもマイルが貯まるANA VISA Suicaカード

Viewカードブランドでもあるので、通常の切符売場で購入するSuicaカードにもクレジットでチャージ可能です。ということは、家族が使用するSuicaにこのANA VISA Suicaカードでチャージすることにより、家族が電車に乗るたびにマイルが貯まっていくのです。

入会時、毎年のカード継続時には最大2,000マイルのボーナスマイルがプレゼントされ、ANAグループ便搭乗時には10%または25%のフライトボーナスマイルが付与されます。

Visaブランドなので、電子マネーiDのカード発行も可能で、SuicaとiDのふたつの電子マネーを利用することができます。

ANA VISA Suicaカードの詳細はこちら

ANAアメリカン・エキスプレス

ANA便を頻繁に利用するならこのANAアメリカン・エキスプレスカード

ANAアメリカン・エキスプレス・カードでANA便の航空券を購入するとアメックスのポイントプログラムであるメンバーシップ・リワードのポイントが通常の1.5倍(100円で1.5マイル分の高還元率)付与されます。もちろんこれに加えて通常の搭乗マイルがマイレージクラブ(基本マイル+10%)に付与されるのと、ANAカードマイルプラスで100円ごとに1マイルプラスされ、合計で100円ごとに2.5マイル+搭乗マイルを獲得することができます。

とにもかくにも飛行機によく乗るというビジネスマンなら絶対ANAアメリカン・エキスプレスカードがおすすめです。

ANAアメリカン・エキスプレスの詳細はこちら

●番外編   Gポイントをスターバックスカードへチャージする

ANAマイルを貯める方法とは関係ありませんが、ANAマイルと親和性の高いポイントサイトでGポイントという日本最大級のポイントサイトがあります。

ショッピングや無料登録、アンケートなどで驚くほどポイントを貯めることができるのですが、このポイントサイト「Gポイント」で貯めたGポイントをスターバックスカードへチャージすることができます。

Gポイント100ポイントをスターバックスカードへ100円分チャージすることができます。

Gポイント

Gポイント

100Gポイント=100円分入金

貯まったGポイントをANAマイルへ直接交換することができますが、裏技を使うと3倍多くポイントをマイルに交換することができます。

Copyright (C) ANAマイルのある生活 All Rights Reserved.