マイルをためるなら他のポイントとの交換性の高いANAマイルがおすすめ

トップページ

マイル父さんの獲得方法を紹介

毎月これくらい貯めています

マイル父さんのマイルを貯めるコツ

カード・電子マネーのラインナップ

JALでなくANAマイルを貯める理由

マイルを貯めるようになった理由

おすすめクレジットメニュー

マイル還元率1%以上のカード

Suicaをよく利用するなら

東京メトロを毎日利用するなら

飛行機によく乗るなら

ANAカード比較(金額比較)

ANAカード比較(電子マネー比較)

マイルが貯まるクレジットカード比較

シーン別メニュー

Edyを利用するとき

モバイルSuicaを利用するとき

スターバックスでコーヒーを買うとき

百貨店で買物をするとき

ファミリーマートで買物するとき

セブンイレブンで買物するとき

ローソンで買物するとき

サークルKサンクスで買物するとき

東京メトロに乗るとき

すかいらーくで食事するとき

ガソリンスタンドで給油するとき

楽天でショッピングするとき

マツキヨでショッピングするとき

検証・裏技メニュー

税金の支払いで貯める方法

マイルでホテル代も無料にする方法

ANAカードマイルプラスとは

ANAワイドゴールドカードはコスパ最高

モバイルSuicaへのチャージでマイル

Edyへのチャージでマイル

nanacoへのチャージでマイル

iPhoneでEdyを利用する方法

沖縄メニュー

マイルで沖縄に行く方法

マイル父さん プロフィール

年収400万円の普通のサラリーマン。陸マイラー歴10年。1年1度コツコツ貯めたマイルで家族を旅行に連れて行き、父の威厳を保っている!?

沖縄美ら海水族館の楽しみ方を徹底ガイド

沖縄カヤックで海やマングローブを楽しむ

赤ちゃん・子連れに嬉しい沖縄ホテル

9つの観光施設を楽しめる格安チケット「OKINAWA丸ごとポン」

今年の夏は沖縄へいこう

●効率よく貯める方法1 他人のお金で貯める

マイル父さんがこのサイトで紹介しているように、ANAカードを作り、電子マネーを揃え、これまで現金で支払っていたものをマイルが貯まるカードでの支払いに切り替えたとしても、個人で支払う金額には限界があります。

そこで、マイル父さんは、ANAマイルを効率よく貯めて行く方法の一つとして、他人のお金でマイルを貯めるという方法をオススメしたいと思います。

簡単に言うと、カードや電子マネーで支払いの時に立替払いをして貯める方法です。

普段の生活の中で、立替払いすることができる場面というのは意外と多くあります。

例えば

・同僚とランチにいくとき

・会社で飲み会があったとき

・会社で必要な消耗品を購入するとき

・忘年会で幹事をしたとき

・友人や親族と旅行をするときに、ホテル代金や交通費などを支払うとき

マイル父さんの場合、友人や同僚の間でもマイルを貯めていることが認知されていますので、支払いのときになると必ず声がかかります。

同僚とのランチとかだと、数百円から2千円程度なので、貯まるマイルも多くて20マイル程度ですが、それでも月に10回、年間で120回だと2,000〜3,000マイルにもなります。

あと上記の例にもあるように、忘年会の幹事や旅行の幹事などは大きなお金が動くときなので、マイルを一気に貯めることができるときです。

特に旅行の幹事はかなりおいしいです。友人5人が集まって海外旅行に行くとすると、総額が100万くらいになることがあると思います。

飛行機代やホテル代というのはマイルがさらに貯まるケースが多いですから、場合によっては150万とか200万円くらいを使わないと貯まらないほどのマイルを獲得できるときがあります。

マイル父さんの場合、仕事柄お客さんのお金を立替払いすることが多くあります。年間で多い時は200万円くらいになるときがあります。

仮にこの200万円をすべてANAカードで支払っていると1%のマイル還元率ですから、2万マイルにもなります。

立替払いをするには、マイルが貯まりやすいカードで支払うのが鉄則。マイル父さんオススメのANAカードはこちら。

ANA To Me CARD PASMO JCBカード

東京メトロをよく利用する人には絶対おすすめなのがこのANA To Me CARD PASMO、通称ソラチカカードです。

オートチャージ機能が搭載されたPASMOでチャージ時にマイルが貯まるだけでなく、ANAマイルへ交換できるメトロポイントが乗車ごとに貯まります。

入会・継続時にそれぞれ1,000マイルが、ANAグループ便搭乗には区間基本マイレージの+10%がボーナスマイルとして付与されます。

JCBブランドが推奨する後払い式電子マネーのQUICKPAYのカード発行が可能で、PASMOとQUICKPAYのふたつの電子マネーを利用することができます。

ANA To Me CARD PASMO JCBカードの詳細はこちら

ANA To Me CARD PASMO JCBカード

●効率よく貯める方法2 少額でもカード・電子マネーで支払う癖をつける

最近は、電子マネーの普及が進んでいることもあって、ほとんどと言っていいほどのお店がクレジットカードや電子マネーに対応しています。

まずはこれまで現金で支払っていたものをカードや電子マネーで支払うのに慣れる必要があります。

クレジットカードや電子マネーで支払う癖がついてくると、知らず知らずのうちに驚くほどのマイルが貯まっていきます。

ANAマイルの場合、1マイルの価値が3円程度になりますので、考え方を変えれば消費税をほぼそのまま旅行貯金しているといえます。

年間で200万円くらいを個人・家族で支払っているような家族であれば、マイル還元率1%で2万マイルが貯まることになり、1マイル3円とすると6万円分の価値になります。

毎月5,000円を旅行貯金しようとするとなんとなく続かない感じがしますが、支払い方法を現金からクレジット・電子マネーに変えるだけで、あとはこれまでどおりの生活をすればいいのですから、これだと旅行貯金ができそうな気がしませんか?

普段のコンビニの支払い、タクシー代、ランチ代、自動販売機で購入するジュース代などコツコツマイルを貯める癖をつけてみてください。

電子マネー機能がついたANAカードで、マイル父さんオススメのANAカードはこの3種類。

ANA VISA Suicaカード

オートチャージ可能なSuica機能が付いていて、通勤など電車利用でもマイルが貯まるANA VISA Suicaカード

Viewカードブランドでもあるので、通常の切符売場で購入するSuicaカードにもクレジットでチャージ可能です。ということは、家族が使用するSuicaにこのANA VISA Suicaカードでチャージすることにより、家族が電車に乗るたびにマイルが貯まっていくのです。

入会時、毎年のカード継続時には最大2,000マイルのボーナスマイルがプレゼントされ、ANAグループ便搭乗時には10%または25%のフライトボーナスマイルが付与されます。

Visaブランドなので、電子マネーiDのカード発行も可能で、SuicaとiDのふたつの電子マネーを利用することができます。

ANA VISA Suicaカードの詳細はこちら

ANA To Me CARD PASMO JCBカード

東京メトロをよく利用する人には絶対おすすめなのがこのANA To Me CARD PASMO、通称ソラチカカードです。

オートチャージ機能が搭載されたPASMOでチャージ時にマイルが貯まるだけでなく、ANAマイルへ交換できるメトロポイントが乗車ごとに貯まります。

入会・継続時にそれぞれ1,000マイルが、ANAグループ便搭乗には区間基本マイレージの+10%がボーナスマイルとして付与されます。

JCBブランドが推奨する後払い式電子マネーのQUICKPAYのカード発行が可能で、PASMOとQUICKPAYのふたつの電子マネーを利用することができます。

ANA To Me CARD PASMO JCBカードの詳細はこちら

ANA To Me CARD PASMO JCBカード

ANAアメリカン・エキスプレス

ANA便を頻繁に利用するならこのANAアメリカン・エキスプレスカード

ANAアメリカン・エキスプレス・カードでANA便の航空券を購入するとアメックスのポイントプログラムであるメンバーシップ・リワードのポイントが通常の1.5倍(100円で1.5マイル分の高還元率)付与されます。もちろんこれに加えて通常の搭乗マイルがマイレージクラブ(基本マイル+10%)に付与されるのと、ANAカードマイルプラスで100円ごとに1マイルプラスされ、合計で100円ごとに2.5マイル+搭乗マイルを獲得することができます。

とにもかくにも飛行機によく乗るというビジネスマンなら絶対ANAアメリカン・エキスプレスカードがおすすめです。

ANAアメリカン・エキスプレスの詳細はこちら

●効率よく貯める方法3 最もマイルが貯まる方法を知る

マイルのある生活をスタートした人からよく言われるのが、「人生の楽しみが増えた」ということです。

陸マイラーという言葉ができるぐらい、マイルには魅力が溢れています。

最初はマイルを貯めて旅行に行くことが目的だったのが、いつしかマイルを貯めること自体が趣味になったりもします。

マイルのことを知り詳しくなっていくことによって、どうすればマイルが効率良く貯まるのかということがわかってきます。

もちろんこれはすべての人に共通なものではなく、仕事や家族構成、生活環境などによって人によってかなり違ってきます。

自分の生活スタイルにあったカードを選び、最もマイルが貯まる方法を知ることが、マイルが貯まる近道になります。

Copyright (C) ANAマイルのある生活 All Rights Reserved.