マイルをためるなら他のポイントとの交換性の高いANAマイルがおすすめ

トップページ

マイル父さんの獲得方法を紹介

毎月これくらい貯めています

マイル父さんのマイルを貯めるコツ

カード・電子マネーのラインナップ

JALでなくANAマイルを貯める理由

マイルを貯めるようになった理由

おすすめクレジットメニュー

マイル還元率1%以上のカード

Suicaをよく利用するなら

東京メトロを毎日利用するなら

飛行機によく乗るなら

ANAカード比較(金額比較)

ANAカード比較(電子マネー比較)

マイルが貯まるクレジットカード比較

シーン別メニュー

Edyを利用するとき

モバイルSuicaを利用するとき

スターバックスでコーヒーを買うとき

百貨店で買物をするとき

ファミリーマートで買物するとき

セブンイレブンで買物するとき

ローソンで買物するとき

サークルKサンクスで買物するとき

東京メトロに乗るとき

すかいらーくで食事するとき

ガソリンスタンドで給油するとき

楽天でショッピングするとき

マツキヨでショッピングするとき

検証・裏技メニュー

税金の支払いで貯める方法

マイルでホテル代も無料にする方法

ANAカードマイルプラスとは

ANAワイドゴールドカードはコスパ最高

モバイルSuicaへのチャージでマイル

Edyへのチャージでマイル

nanacoへのチャージでマイル

iPhoneでEdyを利用する方法

沖縄メニュー

マイルで沖縄に行く方法

マイル父さん プロフィール

年収400万円の普通のサラリーマン。陸マイラー歴10年。1年1度コツコツ貯めたマイルで家族を旅行に連れて行き、父の威厳を保っている!?

沖縄美ら海水族館の楽しみ方を徹底ガイド

沖縄カヤックで海やマングローブを楽しむ

赤ちゃん・子連れに嬉しい沖縄ホテル

9つの観光施設を楽しめる格安チケット「OKINAWA丸ごとポン」

今年の夏は沖縄へいこう

●ANAカードを還元率や維持費から比較した一覧

マイルを貯めていく上でカード選びは非常に大切です。

カード選びに失敗すると、目標のマイルに到達するのに何倍も長く時間がかかることもあります。

しかし、カード選びは、ただマイルを貯めるだけで決めることができるわけではなく、年会費の安さや便利さ、ステータスなども考慮する必要があります。

ぜひ最適なカードを見つけてください。

ANAカードの比較一覧

カード名

100円あたり

マイル還元率

年会費

(初年度)

入会時に獲得

できるマイル

ポイントの

移行手数料

ANA VISA Suicaカード

10マイルコース

1%

2,100円

(無料)

入会ボーナス
1,000マイル

最大
21,000マイル

10マイルコース

6,300円/年間

ANA To Me CARD PASMO JCBカード

10マイルコース

1%

2,100円

(無料)

入会ボーナス

1,000マイル

10マイルコース

2,100円/年間

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

通常時
1%

ANA利用時1.5%

7,350円

入会ボーナス
1,000マイル

最大
15,000マイル

6,300円/年間

ANA VISA 一般カード

ANA マスター 一般カード

10マイルコース

1%

2,100円

(無料)

入会ボーナス
1,000マイル

最大
21,000マイル

10マイルコース

6,300円/年間

ANA JCB一般カード

10マイルコース

1%

2,100円

(無料)

入会ボーナス

1,000マイル

10マイルコース

2,100円/年間

ANA JCB ZERO

0.5%

5年間無料

無料

ANA VISAワイドカード

ANA マスターワイドカード

10マイルコース

1%

7,612円

入会ボーナス
2,000マイル

最大
22,000マイル

10マイルコース

6,300円/年間

ANA JCBワイドカード

10マイルコース

1%

7,612円

入会ボーナス

2,000マイル

10マイルコース

2,100円/年間

ANA VISAワイドゴールドカード

ANA マスターワイドゴールドカード

1%

14,700円

入会ボーナス
2,000マイル

最大
22,000マイル

無料

ANA JCBワイドゴールドカード

1%

14,700円

入会ボーナス

2,000マイル

無料

ANAダイナースカード

1%

21,000円

入会ボーナス

2,000マイル

無料

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

通常時
1%

ANA利用時
2%

32,550円

入会ボーナス
10,000マイル

最大
27,000マイル

無料

ANA VISAプラチナ プレミアムカード

1.5%

84,000円

入会ボーナス

10,000マイル

無料

ANA JCB カードプレミアム

1.3%

73,500円

入会ボーナス

10,000マイル

無料

ANAダイナースプレミアムカード

1%

126,000円

入会ボーナス

10,000マイル

無料

年会費・移行手数料の安さならJCBのANAカード

カード選びのポイントの一つとして維持するための年会費やクレジットカードのポイントからANAマイルへ交換する際の移行手数料がどれぐらいかかるかということがあると思います。

年会費や移行手数料の安さでいえば、JCBのANAカードが一番安く済むといえます。

初心者向きのカードである「ANA To Me CARD PASMO」「ANA JCB一般カード」ですと、年会費が2,100円で、初年度は無料。ポイントの移行手数料も年間で2,100円とANAカードの中では最安です。

カードの作りやすさでもJCBのANAカード

これまでクレジットカードの支払いを滞納したことがあるという方は、ANAマイルのある生活を始めたくてもカードが作れないかもしれないという方もおられるかもしれません。

ANAカードを発行している5つのブランド、JCB・VISA・マスター・アメリカンエキスプレス・ダイナースのうち、最もカードが作りやすい(審査が厳しくない)のは、マイル父さんの経験からするとJCBです。

なぜカードが作りやすいのかというと、JCBは他のブランドと異なり、信用情報機関への照会は行わず、自社の審査でカード発行できるかを判断するのだそうです。

これは確かな情報ではありませんが、過去に支払い歴がピカピカ出ない場合は、JCBのANAカードから申し込んでみるのもいいかもしれません。

Copyright (C) ANAマイルのある生活 All Rights Reserved.